おまとめローンの金利

おまとめローンは複数借金がある方が借金を一本化する事で毎月の返済負担を軽くするというローンです。今よりもより低金利なローンへ一本化する事ができれば利息負担額も抑えることができますし、ひいては月々の返済額も減らす事ができます。また、月に何度もあった支払日の管理が一つにまとまることで精神的にも楽になるというメリットもあるのです。しかし、ひとくちにおまとめローンといっても各社で金利や限度額などは様々に違いがあります。
おまとめローンというと金利が低いローン、というイメージがありますね。確かに、今よりも金利が低くならなければおまとめするメリットがほとんどありません。おまとめローンで代表的な東京スター銀行おまとめローンは金利は年4.6%〜13.6%(保証料年率1.2%がかかります)となっていて、たいへん低金利で魅力的なおまとめローンです。
しかし、おまとめローンは大手の消費者金融でも取扱っていますがこちらはカードローンと同等の高金利です。プロミスのおまとめローンは6.3%〜17.8%、アコムの借り換え専用ローンは7.7%〜18.0%、アイフルのおまとめローンは12.0%〜17.5%のものと、アイフルユーザー向けのおまとめローンが12.0%〜15.0%となっています。アイフルユーザー向けのものは上限金利が15%と低いのですが、それ以外は今ある借金の金利と変わらないかも…と思われる方も多いかもしれません。
しかし一般的に、適用金利というのは借入れ額が大きければ大きいほど低くなっていく傾向にあります。1つ1つの借金だと小口融資だったために上限金利いっぱいで適用となっていたものが、おまとめをすることでまとまった額となり適用金利が少し引き下げられる可能性が高いのです。またおまとめローンでは返済期間が最長10年など長期でローンを組む事ができるため、月々の支払額をぐっと減らす事ができるのです。
とはいえ、返済期間が長くなればそのぶん最終的な利息負担額は金利がある程度低くなったとしても増えてしまうことも多々あるため、やはり金利の低い銀行おまとめローンでおまとめできるのが一番なのですが、審査に通らない事にはこの低金利なローンは利用する事ができません。おまとめローン審査通らない消費者金融のおまとめローンは金利が高いものの、おまとめローンとしての効果は間違いなくあるわけですから選択肢の一つとして考えてみてください。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment

母親からお金を借りる

どうしてもお金が必要になり、どこで借りるかを考えたとき最初に思いつくのが母親ではないでしょうか。・・・お金借りれる所
親から借りれば審査や金利も必要ありませんし、子供のたのみであれば断られることもありませんが借りるときはなぜお金が必要なのかを説明し、誠意をもってお願いすれば、理由によっては気持ちよく貸してもらえると思いますが、反対に子どもが困っているのだから当然といった考えでお願いすると、いくら親でも気持ち良く引き受けてくれるとは限りませんし、説明が不十分なときは何に使うのだろうかといった不安感をもたれ、気持ちよく貸してもらえないかもしれません。
また借りるときはどうやって返済するのかいついつまでに必ず返すといった約束をし、約束したことは必ず守るようにしなければなりません。
ただ、世の中には親に頼めないといった状況の人もいますが、そんなとき、人を当てにしなくても借入れができる方法があり、消費者金融のキャッシングや銀行カードローンを利用すれば人を当てにすることもなく、自分の責任範囲内でお金を借りることができます。
消費者金融に対するイメージはいまでも悪いイメージを持っている人もいますが、貸金業法の改正で金利も低くなり、以前の消費者金融のイメージは薄れています。
銀行でも最近は小口金融に力を入れ、積極的に融資をおこなっていますので「どうしても消費者金融はいやだ」という人は銀行カードローンを考えてみてはどうでしょうか。
銀行カードローンなら銀行でお金を借りるといった安心感や、低金利なことを考えるとおすすめのキャッシングと言えます。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment

主婦が即日融資を利用する

思わぬ出費があり、給料日前だけれど生活費がぎりぎりといったとき、一時的に即日融資のキャッシングを利用したいと思う主婦も少なくないといえます。
これまでキャッシングの利用は主婦層が一番多いといわれていましたが、貸金業法の改正でおなじ主婦でも専業主婦と兼業主婦では利用の仕方が変わっています。
2010年の貸金業法の改正で総量規制という制限がおこなわれるようになり、制限とは消費者金融で融資を受けるときは年収の3分の1以内と制限されたため、専業主婦のように収入のない主婦は個人名で消費者金融のフリーロンは利用できなくなりました。
ただ総量規制の除外として「配偶者貸付制度」があるので、配偶者の収入と併せて年収の3分の1以内の融資を受けられますが、手続きに手間がかかるため消費者金融でも扱っているところは少なく、実質的には利用できない状況です。
パートやアルバイトをしている兼業主婦のパート代やアルバイト代は年収があると認められるので、即日融資も可能で年収の3分の1以内であれば申込ができます。
では子育てなどに手が取られ、パートに出たくても出られない専業主婦はキャッシングができないのかといえばそうでもなく、銀行カードローンを申込むことは可能です。
銀行でのキャッシングは銀行法に基づいて事業をしているため、貸金業法の受けることはありません。
そのため年収に左右されず、銀行の審査に通れば無職の専業主婦でもカードローンを利用することができ、そういった主婦のために専用カードローンを扱っている銀行もあり、即日融資も利用できます。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment

即日借り入れも無利息になる人気のプロミス

即日借り入れもできるプロミスは消費者金融の中でももっとも人気が高くなっています。
その理由の一つが無利息期間が30日間用意されていることです。
30日間はつまり1か月、1回の返済で完結できる借り入れならプロミスは利息を支払うことなく利用ができます。
また総合点が高いことも人気の理由となっています。
申し込みから完済までのサービスが充実しており目立った特徴は無利息以外にはないものの、全般的に使い勝手がよくなっていることがプロミスの良さでもあります。
・金利上限は17.8%
消費者金融としては珍しく上限金利が18.0%ではなく17.8%となっています。
実際問題としてこの0.2%の金利の違いは利息に大きな影響を与えるものではありません。
無利息期間を使った借り入れがお得になるでしょう。
・自動審査は9時から20時
インターネットでは申し込みを24時間365日受け付けていますが、審査対応時間となると24時間ではありません。
自動審査となっており回答は30分ほどで連絡となりますが、曜日を問わずに9時から20時までが審査結果連絡時間となっています。
・契約の方法は多い
パソコンや携帯電話、スマートフォンからのWEB契約も、自動契約機もそして店頭窓口になるお客様サービスプラザでも即日キャッシングの契約ができます。
振込キャッシングの対応時間もありますので最も可能性が高いのは自動契約機とお客様サービスプラザからの申し込みとなっています。

Posted in 消費者金融 | Tagged | Leave a comment